Company

沿革

  • 1997年(平成9年)

    資本金1,000万円、従業員数5名で会社設立。
    新潟大学医歯学総合病院に第1号システム納入。
  • 1998年(平成10年)

    特別認可法人情報処理振興事業協会によって平成10年度
    特定プログラム
    「公的分野高度情報化プログラム:
    医療・福祉サービス高度化に資するプログラム」として認定を受ける。
  • 1999年(平成11年)

    新潟県立中央病院にて院内SPD業務請負開始。
    (購買管理・運営・搬送・医療材料、医薬品、滅菌器材、フィルム)
  • 2000年(平成12年)

    SPD業者物流センター運営・管理システム納入。
    国立大学附属病院等にシステム納入。
  • 2001年(平成13年)

    大手ホストメーカーより国立154病院の独立行政法人化に対応した
    購買管理システム(共通会計システムの購買部分)を受注。
    国立病院等にシステム納入。導入実績15施設となる。
  • 2002年(平成14年)

    業績拡大により大阪営業所、東京営業所を開設。
    医療ME機器管理システム・スタンドアロン版完成。
    新潟県中小企業創造活動促進法の認定を受ける。
  • 2003年(平成15年)

    大学病院等にシステム導入。
    導入実績32施設となる。
  • 2004年(平成16年)

    がんセンター、大学病院等にシステム導入。
    導入実績42施設となる。
  • 2005年(平成17年)

    新潟県中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画承認企業となる。
    導入実績50施設となる。
  • 2006年(平成18年)

    一般財団法人日本情報経済社会推進協会の認定を受け
    「プライバシーマーク」付与認定。
    導入実績59施設となる。
  • 2007年(平成19年)

    システム導入、SPD運用業務受託。
    導入実績69施設となる。
  • 2008年(平成20年)

    滅菌管理システム導入、SPD運用業務受託。
    導入実績80施設となる。
  • 2009年(平成21年)

    大学病院、公立病院にシステム導入。
    導入実績95施設となる。
  • 2010年(平成22年)

    がんセンター、大学病院にシステム導入。
    導入実績100施設以上となる。
  • 2011年(平成23年)

    システム導入及びコンサル運用受託。
    クラウド型システムの開発、販売開始。
    導入実績280施設以上となる。
  • 2012年(平成24年)

    導入実績350施設以上となる。
  • 2013年(平成25年)

    12月サポートセンター開設。
    大学病院、公立病院等にシステム導入。
    導入実績500施設以上となる。