サン・システムについてABOUT US

  • TOP
  • サン・システムについて

当社の強み

OUR STRENGTH

物品管理システム 国内シェア1位(※)

当社には大学病院、国公立病院、民間病院など、800を超える導入実績がございます。
多種多様なニーズに対応することで培ったノウハウにより、モノの管理方法や運用方法でお困りのお客様のご相談に的確にお応えすることが可能です。
※参照元:矢野経済研究所「2019年版 医療情報システム(EMR・EHR)市場の将来展望」

物流、滅菌、機器管理システムをワンストップで提供

医療材料、医薬品、検査試薬、一般消耗品、鋼製小物、医療機器、歯科材料等の精緻な経営管理を実現するためには、システム管理が極めて有効です。
各種システムをワンストップでご提供いたします。

システム活用の枠を超えた「経営改善」のお手伝い

システムを提供するだけでなく、経営改善に向けたお手伝いをさせていただきます。運用状況を正確に把握し、課題や問題点について具体的なアドバイスを行うことで、お客様の業務改善や効率化を支援いたします。

会社概要

COMPANY PROFILE
会社名 株式会社サン・システム
設立 1997年8月
資本金 100,000,000円
代表取締役 岩崎 清隆
拠点情報 【本社】google MAP
〒940-0067 
新潟県長岡市関東町5-5 長岡ファーストビル
TEL 0258-39-03110258-39-0311 FAX 0258-39-0332

【東京営業所】google MAP
〒101-0054 
東京都千代田区神田錦町2-7-22 ワールドビル3F
TEL 03-3291-300703-3291-3007 FAX 03-3291-3008

【大阪営業所】google MAP
〒541-0046 
大阪府大阪市中央区平野町1-8-11 桂経営北浜ビル10F
TEL 06-4707-153006-4707-1530 FAX 06-4707-1532

【サポートセンター】google MAP
〒940-0067 
新潟県長岡市関東町5-5 長岡ファーストビル
TEL 050-3385-0377050-3385-0377 FAX 0258-39-0332
グループ会社 オプティメッドホールディングス株式会社
オプティメッドあいず株式会社
主要取引先 全国の主要な医療機関、日本電気(株)、(株)ソフトウェア・サービス、日本アイ・ビー・エム(株)、東日本電信電話(株)、(株)富士通アドバンストエンジニアリング、(株)シーエスアイ、キヤノンメディカルシステムズ(株)、キヤノンITSメディカル(株)、(株)南日本情報処理センター、(株)BSNアイネット、村中医療器(株)、(株)日本シューター、メディエ(株)、オリックス(株)、総合メディカル(株)、日本ステリ(株)、(株)ルフト・メディカルケア、四国医療サービス(株)、クロスウィルメディカル(株)、(株)シバタインテック、丸木医科器械(株)、共立医科器械(株)、(株)増田医科器械、冨木医療器(株)、セントラルメディカル(株)、(株)八神製作所、(株)京都ウィード、アルフレッサ(株)、(株)恒和薬品、明祥(株)、ティーエスアルフレッサ(株)
他 (順不同)
※敬称略
所属団体 GS1ヘルスケアジャパン協議会
(一社)日本医療製品物流管理協議会(日本SPD協議会)
(一社)日本医療情報学会(JAMI)
(一財)医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)
(一社)医療トレーサビリティ推進協議会(医ト協)
(公社)全国自治体病院協議会(JMHA)

サン・システムの歩み

HISTORY
1997年(平成9年)
資本金1,000万円、従業員数5名で会社を設立。
新潟大学医歯学総合病院に第1号システムを納入。
1998年(平成10年)
特別認可法人情報処理振興事業協会によって平成10年度特定プログラム
「公的分野高度情報化プログラム:医療・福祉サービス高度化に資するプログラム」として認定。
1999年(平成11年)
新潟県立中央病院にて院内SPD業務の請負を開始。
2000年(平成12年)
SPD業者物流センターに運営・管理システムを納入。
2001年(平成13年)
大手メインフレームメーカーより国立154病院の独立行政法人に対応した
購買管理システム(共通会計システムの購買部分)を受注。
2002年(平成14年)
業容拡大により大阪営業所、東京営業所を開設。
機器管理システムの開発、販売を開始。
新潟県中小企業創造活動促進法の認定を受ける。
2005年(平成17年)
新潟県中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画承認企業となる。
導入実績が50施設となる。
2006年(平成18年)
「プライバシーマーク」認証を取得。
2008年(平成20年)
滅菌管理システムの開発、販売を開始。
導入実績が80施設となる。
2010年(平成22年)
がんセンター、大学病院にシステムを導入。
導入実績が100施設以上となる。
2011年(平成23年)
物流管理システムの情報を用いた経営改善アドバイザー業務の受託開始。
物流管理システムクラウド版の開発、販売を開始。
2013年(平成25年)
サポートセンター開設。
導入実績が500施設以上となる。
2015年(平成27年)
滅菌管理システム新バージョンの開発、販売を開始。
2017年(平成29年)
機器管理システム新バージョンの開発、販売を開始。
2018年(平成30年)
導入実績が800施設以上となる。